ヒッチハイクの青年を乗せてみた件。

こんにちは♪


いや~、寒いですね。


この冬、何度水道が出なくてヒヤヒヤすればよいことか…



さて、ヨガとは関係ないのですが、先日、ヒッチハイクの青年を車に乗せるという体験をしました。


それまでテレビでしか見たことのなかった、スケッチブックに行き先を書いて立ってる人が徳益インターにいたもんだから、隣に乗ってた相方がびっくりするくらいテンションがただただ上がりましてね~。



何でも彼は東京から来た大学生で、九州一人旅をしている、とか。


スケッチブックには「長洲」と書いてあって、フェリーに乗って島原に行きたかったそうなのですが…


とりあえず私たちの目的地、
スタバに連れて行くというね!


(その後、三池インターまで送りました♪)



途中、就職活動をするかどうか決め兼ねている彼が

「自分探しの旅をしてるみたいで、何かダサいですよね。」

と言っていたのですが…


全然そんなことないよ!


今しかできないことをやってるんだから、それはそれで大事なことだよ、と彼と同じ頃そうだった私は言いました。



あれから何日か経ちますが、ちゃんとフェリーに乗れたかな、とか、楽しい旅が続いてるかな、とか、たまに思い出します。


向こうはもう私たちのことをすっかり忘れてるかもしれないけど、それはそれで全然オッケー。


彼の旅の中の登場人物になれて、束の間の交流ができただけで、なぜかとても嬉しいのです。



SNSで簡単に繋がるよりも、こういうのが個人的には断然好きだなあ、なんて思う冬の日でした…♪

0コメント

  • 1000 / 1000

ヨガのおねえさんブログ